Entry: main  << >>
アメリカ旅行 2日目
昨夜は夜の11時に就寝!時間の感覚がずれている様な感じを受けるが、すぐに爆睡状態
しかし、夜中の3時に目が覚める?やっぱりずれている。それからしばらく、うとうと
するが深い眠りにつけない?「こんなにデリケートだったかな〜」と考えていると、寝た
のかどうか分からないままにもう朝の6時です。
13
画像が今回宿泊しているホテルです。変則一部4階建の建物で私の部屋は画像の左側の
304号室!内部はとても広くてベットはキングサイズのダブルベットで少し持余し気味
部屋の中にはジャグジィーもあって快適そのものです。
14
朝食にはまだ時間があるので、外の雰囲気を味わいに道路を渡って海岸に散歩としゃれ
込む。するとまだ薄暗い中、海岸では犬を連れて朝の散歩を楽しむ夫妻、なんとも絵に
なる光景、海にはサーファーが十数人いて波乗りの最中でこれもなかなかの光景です
15
私の部屋の上が屋上になっていて、そこで食事をする日もあるみたいで、残念ながら
本日はその日ではなかったようです。とりあえず屋上で一人で記念撮影(セルフタイマー)
16
8時に全員集合して、「これがアメリカの朝食だ〜」を食べに車に乗り込む。数分走って
到着!??なんと目的のお店が閉まっているではないか!「どうしよう?」と全員が困惑
結局、今回の旅の最大の目的の場所に向かう途中で食事をしようと言う事で車を聖地に
向けて走り出す。だが途中これといった食堂が無く、気がつけば聖地に到着!
おなかが空いている事も忘れて、「ついに来たぞ〜」と感激で胸もお腹もいっぱいです。
早速、聖地の中に突入です。そこで結局、朝食も昼食も聖地の社員食堂ですませました。
なかなかこんな経験は出来ません。
*なお諸事情により聖地の画像及び見聞きした事をブログに掲載できません。誠に申し訳ございません。*
なお店頭には画像を見ていただけるようにしてありますので、是非御都合のよい時に
ご来店頂いて沢山の画像を見ていただきたいと思います。面白いお話も???
17
第一回聖地巡礼が終わった後、車で半時間ぐらいのショッピングモールに視察に、敷地内
に観覧車?スケールが違うし雰囲気も日本と違ってかなり開放的な感じを受けました。
そのあと再び車で半時間走って別のショッピングセンターへ。中に入って驚いた!!
このショッピングセンターはかなり高級店です。ビトン、グッチなど一流専門店がずらり
ため息を付きながら色々見て回る!娘に頼まれていたクロエを発見!中に入ってバッグを
探す、「あった!」プライスは1500ドル日本円にして18万位!!却下!
帰りの免税店で買おう。結局そこで買ったのはカリフォルニアのシール数点で計20ドル
18
本日のディナーは昨日のお店とはまた違った感じのお店に行くことにする。やはり宿泊
しているホテルから徒歩でも行ける距離にある海岸沿いのしゃれたお店に決定。昨日は
ステーキでしたが本日はお魚料理を頂くことにしました。画像がその料理で英語でシーバス、日本語ではスズキです。ソテーしたスズキをいただきました。が、なぜがいつも沢山
の量のポテトが付け合わされてくる。アメリカ人はポテトが大好き???
19
二日目にして机の上が買い物した商品でいっぱいになりかけている状態です。画像には
ありませんが、聖地にてお土産を入れて帰るための、でかいバックも購入済みです。
明日は朝3時に起きて、6時の飛行機にてもう一つの聖地に行きます。
今日は興奮もしたしちょっと疲れたのでジャグジーして寝ます、家内に国際電話で朝3時にモーニングコールも頼みました(日本時間で夕方7時位かな?)
| Opt-Hori | 22:03 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:03 | - | - | pookmark |
Comment
えー(@_@)
キングサイズのダブルベッドだったんですか!
一緒に行けば良かった♪
Posted by: ぷりーま |at: 2006/11/03 10:56 PM
ベットの3分の2は余ってました!ぷりーまさんだと5分の1を使うくらいかな〜。
Posted by: Opt-hori |at: 2006/11/04 10:16 AM








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Sponsored Links

Profile

明日の釣に役立てよう!

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode