Entry: main  << >>
薄型レンズ!

一般的には超薄型レンズが良いと思われていますが?

本当にそうなんでしょかね?

実はそうではありません。

どうしても度数の強い方は薄型レンズを選びがちですが、お選びいただくフレームレンズによって

仕上がるメガネの状態が違います!

 

ここではプラスチックレンズでのご説明をさせていただきます。ガラスレンズはまたいずれ!

レンズには屈折率がありまして簡単に申し上げますと屈折率が大きい方がレンズは薄くなります!

さらにレンズ設計の違いでもレンズの薄さが違います!

大まかに屈折率は1.50 1.53 1.60 1.67 1.70 1.74 1.74が超高屈折になります。

ただ屈折率が大きくなりますとメリットとして強度の方でもレンズが薄く仕上がります!

ただデメリットも!まず高額、色収差、経年変化、干渉光、などなど!

簡単言えば超高屈折レンズは諸刃の剣で上手く使えば効果が出ますが、そうでなければ逆効果です。

早い話が、あまり度数が強くない人にとっては効果もなく使う意味がないという事です!

ご自分の度数とフレームとバランスの問題でレンズを選ぶのがベストです!

その場で出来上がりのレンズのシュミレーションが出来ますので是非ご相談ください!

特に店長が気にしますのが色収差です!どうしても高屈折レンズになりますと色収差の問題が出てきますので

よほど強い度数の方以外は超高屈折レンズはお勧めは致しません!

 

下の画像が色収差の違いです!

高屈折レンズはどうしてもアッベ数(色収差)の値が低いため色収差が出やすいのです!

 

 

 

 

下の眼鏡はS-11.50Dとかなりの強度近視の方ですが、お仕事柄ブルーライトを抑えてクリアな視界を

ご希望でしたので屈折率は1.67を選んでレイガードコート仕様の遠近両用レンズ

 

 

 

度数と瞳孔間距離の関係で選んでいただいたフレームと特殊加工でスッキリと仕上がりました!

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 18:50 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:50 | - | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Sponsored Links

Profile

明日の釣に役立てよう!

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode