Entry: main  << >>
プラ枠のノーズ改造!

プラ枠メガネのプラパットの場合は最初に鼻の部分がピッタリ合ったフレームを選んでいただくのですが、高さ・幅・傾斜などが

ピッタリ来ない場合は鼻のプラパットの付け替えを行います。

本来は同じプラパットの大きさとか厚みとかを考慮して付け替えます。

特に海外製品の場合は日本人の形状にはそぐわない場合が多いのです。

今回はヨーロッパのフレームで鼻形状がそぐわないし、なおかつ累進レンズですので後々の調整の為にも

クリングスタイプのパットを加工しなおして装着しました!

 

 

原形のプラパットを削り落として通称「ピターム」ボックスタイプを装着しました!

 

 

デザインを損ねることなく加工終了。これでフィッティングが可能で累進レンズも微調整が可能になりました。

 

*特に海外モデルの場合はアジアンフィットでない限りほとんどパットの再加工が必要かも?

その場合

―祥茲離僖奪箸魍阿靴涜召離僖奪箸防佞餌悗┐

一部モデルはパットを外して新たに素材を接着して削り出し加工

今回のように別タイプのパットに付け替え

 

鼻のフィットでお悩みの方は是非ご相談ください。

ただし一部対応不可のフレームもございますのでご了承ください。

OAKLEYなどのパット調整はまた別の方式で調整いたします!

 

 

 

 

| Opt-Hori | 16:25 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 16:25 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Sponsored Links

Profile

明日の釣に役立てよう!

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode