Entry: main  << >>
ニューマシン導入!

眼鏡店にはレンズを加工する(レンズをフレームに合わせてカット)ダイヤモンドエッジャーが設置してあります。

店長が眼鏡業界に入った時代(40年前)は眼鏡レンズと言えばガラスレンズが主流で現在のようにプラスチックレンズは

ほんの僅かでした、そして現在のように全自動ダイアモンドエッジャーは普及してなかったので店長は毎日ガラスレンズを

手で削ってました。自分で言うのも何ですが、手摺りなかなかの腕前ですよ!

そのため現在でも機械にはできないような事は手で作業することもあります。

 

今まで使っていたエッジャーはリース期間が数年前に終了していたので今回ニューマシンの導入となりました。

 

 

 

 

今まではTOPCONのエッジャーを使用していましたが当店で大人気のOAKLEYのサングラスなどのハイカーブレンズは

加工が出来ないのでどうしてもメーカーでの制作でした!

 

そこで今回導入したのはニデックのマシーンです。

ニデックには当店のお客様もお勤めされていますし現在店長が在学している眼鏡専門学校の同級生もニデック勤務でとても身近に

感じる会社です。

 

 

ニデックのMe1200とICE1200ですMe1200は発売されてすでに数年が経っていますので初期トラブルやプログラムなど

マイナーチェンジが進んでほぼ完成形のマシンと言えるでしょう。車に例えるなら最終系でしょうね。

 

今までのマシーンとの一番の違いはOAKLEYのサングラス度付き加工に必要な段落ち加工が可能なことですが

その他にも色々な加工が可能で使いこなすにはかなりの時間が必要かとも!

宝の持ち腐れに成らないように日々精進を積みましょうかね!

分厚い説明書は読んでも難しいので練習用のレンズを沢山用意しましたので色々試して経験を重ねます!

先ずは通常加工ですが、これに関しては数回の試し摺りで本番です!今日が初日ですが何の問題もなく加工完了です。

完璧な出来上がりでした。

 

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 15:43 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 15:43 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Sponsored Links

Profile

明日の釣に役立てよう!

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode