Page: 1/4   >>
お遍路用です!

三度目の四国八十八か所お遍路の旅に出かけられるTUさんがお遍路用にサングラスを新調です!

退職されてから徒歩による八十八か所を満願されて今回はバイク(オートバイ)でのツアーに!

TUさんは普段からバイクとオートバイをこよなく愛され楽しんでおられます。店長と一回り以上先輩なのですが

はつらつとされております!

今回はオートバイでの同行二人旅ですので的確な道路情報や安全運転のために偏光レンズをチョイス!

レンズカラーは安定して雑光を抑えて何時も暗くなりすぎないようにHOYAのポラテックで可視光線透過率も高くて

偏光率90%以上を確保してくれて偏光レンズ特有の色抜けも無くて自然な感じでの装用が出来るレンズをお選びいただきました!

フレームは以前からバイクなどでお使いのOAKLEYのCROSSLINKを新調!

さらにレンズ表面には気分を高めるようにミラー仕様です!

 

 

フレーム  OAKLEY CROSSLINK

レンズ   HOYA HL16PFR

                  ORANGE MIRR

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 17:31 | - | - | pookmark |
はね馬!

フェラーリのサングラスのレンズ交換の依頼です!

最近ではOAKLEYのフェラーリとのコラボでサングラスとかフレームが発売されていますが

今回以来のサングラスはトムフォードなどを手掛けているMARCOLIN社製です!

ポリカーボネート偏光レンズが装着されていたのですが、経年変化によって偏光膜の剥離がおきていましたので交換です!

 

 

 

 

今回使用しましたレンズは偏光レンズを希望でしたので、HOYAの偏光レンズをチョイス!

さらに8カーブと高カーブレンズですので度数は無くて度無しなのですがプリズム補正を施しました!

 

 

ヨーロッパへの新婚旅行の時に購入された思い出のいっぱい詰まったサングラスですので

どうしても再生させてくださいとの依頼でした!

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 12:53 | - | - | pookmark |
偏光レンズ大好き!

5月なのに真夏日の日が!こうなってくるとサングラスが必需品に!

特に店長はサングラスといえば偏光レンズがお勧めですね!

実際店長の愛用しているサングラスもすべて偏光レンズです!

本日は偏光レンズでもHOYAのポラテックのご紹介です!

このHOYAのポラテックは優れものでして、従来の偏光膜挟み込み方式ではなくて

HOYAのコート技術の高さを生かして偏光膜をレンズにコーティングします。

これにより色々なメリットが生まれます。

特に度付きに関しては偏光膜挟み込み方式では限界がありましたが

ポラテックですと単焦点から遠近両用レンズまですべてにおいて最高のレンズ設計の

偏光レンズが可能です。

普通のカーブのフレームからスポーツカーブのフレームまで幅広く対応が可能です。

さらに偏光レンズ特有の色抜けが少なく違和感なく使用できます。

 

 

カラーの種類が豊富ですので最近は女性の方にも沢山ご使用いただいております。

 

車の運転はもちろんLED光源が多用されているショッピングモールなどでも

気にせずに快適でクリアな視界を確保できます!

画像のサングラスは看護師さんが夜勤明けの眩しさ軽減と運転用に制作

フレーム   歩L1025/0478

レンズ    HOYA ポラテック ニュールクスRF1.67内面非球面

レンズカラー ストリートボルドー

 

 

 

高速道路走行ドライブ専用サングラス

 

フレームはOAKLEYの名作SQUARE WIRE2.0

レンズはお年頃なので遠近両用でトンネルも大丈夫なカラーをチョイス

レンズ HOYA ポラテックシンクロFL160

レンズカラー ライトグレー

 

 

 

釣を中心にドライブまで幅広い使用と長時間装用を念頭にOAKLEYの8カーブフレームをチョイス!

 

フレーム    STREIGHT JACKET

レンズ       HOYA ポラテック RFスポーツ160

レンズカラー  ナチュラルグレイ

 

HOYAポラテックシリーズは偏光カラーが全21色展開でミラー加工も可能です。

必ず貴方の使用目的に合った偏光サングラスがお選びいただけると思います!

是非お早めに!

 

 

| Opt-Hori | 14:23 | - | - | pookmark |
フィールドテスト報告!

店長の新しいサングラスの使用結果の報告です、先月のブログで書きましたHOYAのハイカーブ偏光遠近両用レンズの結果です!

以前のブログはここを参照してください!

製作したサングラスです。

 

 

先月と今月の2回にわたり自転車での装用テストです。

お店から美杉町竹原までの輪行です。

 

先月は快晴無風状態 この画像から場所はご存知の方にはお判りいただけると思います!「当店のお客様の店頭です」

 

 

昨日は曇りで西風が強く吹いてましたので完璧な向かい風です。

店長の体形ですと風をもろに受けて風の抵抗で前に進みません!

先月の倍近くかかって竹原に到着でした。

 

 

晴天でも曇天でも今回使用したレンズは偏光率99%で可視光線透過率も30%ですので、濃すぎることも無いので

明るくても暗くても快適な視界を確保できました。

 

丁度名松線伊勢大井あたりでの天候の比較です。

通称「大井の直線」

 

 

車道横の農道!

 

先月は田植えがまだでしたが昨日は、いたる所で田植えの光景が!

 

 

丁度名松線とも遭遇!

 

 

 

いつどこで失くしたか解らなかったグリップエンドの部品!

 

 

発見!

 

農道を走行中に「ん!」何か落ちてると引き返すと!

道路の隅の方に落ちているでは!

拾ってみれば間違いなく店長のグリップエンドの部品です!

 

 

 

先月の前回の時にここで外れて落としたのでしょう!

それにしても農道ですので、田植えも始まっていますので泥や草などが道に落ちてますが

落ちているのをよく発見したものだと思います。

夕方ですから薄暗くなりかけていましたが、このサングラスのおかげで発見できたようなものです。

夕方でも暗すぎない明るさと乱反射を抑えたクリアな視界のおかげです!

やはり偏光レンズは最高ですね!

レンズの明るさは用途によって違いますが、これ1本あればほぼオールマイティで使えますよ!

是非1本は偏光サングラスをご用意ください!

店長のは遠近両用使用ですが、揺れゆがみもなく快適な装用でした!

 

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 15:50 | - | - | pookmark |
新調しました!

OAKLEYのFLAK DRAFTで度付きサングラスを新調しました!

OAKLEYのFLAKシリーズの中でスイッチロックシステムを搭載したDRAFTを使用して制作。

店長はサングラスの大半がOAKLEY偏光レンズの遠近両用なのですが、OAKLEY純正レンズのライトグレー系の偏光レンズが

現在受注停止のために今回はHOYAのレンズをチョイスしました!

ライト系の偏光レンズは可視光線透過率が高くてあまり濃くないレンズで、それでいて偏光率99%以上

巷には偏光率を下げて偏光レンズと呼ぶメーカーもありますが店長曰く偏光率90%以上が偏光レンズです!

当然今回使用しましたレンズも偏光率99%以上です!でもレンズの透過率は30%以上です。

 

 

 FLAK DRAFT

 

フレームカラー  STEEL

レンズ      HOYA HOYALUX RF SPORT

レンズカラー   POLATEC LIGHT GREY POLARIZED

ミラー      ORANGE ミラー

 

 

 

 

スイッチロックシステム搭載ですのでワンタッチでレンズの装着脱着が出来ます!

スイッチロック機構分だけはFLAK2.0やFLAK XLよりは、ほんの僅かですが重量が増します!

 

 

HOYAの偏光レンズは他社の偏光膜挟み込みの方法ではなくコーティングでの偏光膜を施しますので

最高のレンズ設計の上にコートしますので挟み込み方式のレンズに比べますと見え方は特に遠近両用は格段の違いです!

 

今回当店に設備されたエッジャーはFKAL2.0やXLまでは加工可能ですがFLAK DRAFTはレンズ径及び

段落ち加工の形状の特殊性により加工が困難ですのでHOYAでの工場加工になりました!

納期は偏光レンズの為に約10日位です!

フィールドテスト結果はまた後日!

色抜けはないと思いますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 13:00 | - | - | pookmark |
ニューマシン導入!

眼鏡店にはレンズを加工する(レンズをフレームに合わせてカット)ダイヤモンドエッジャーが設置してあります。

店長が眼鏡業界に入った時代(40年前)は眼鏡レンズと言えばガラスレンズが主流で現在のようにプラスチックレンズは

ほんの僅かでした、そして現在のように全自動ダイアモンドエッジャーは普及してなかったので店長は毎日ガラスレンズを

手で削ってました。自分で言うのも何ですが、手摺りなかなかの腕前ですよ!

そのため現在でも機械にはできないような事は手で作業することもあります。

 

今まで使っていたエッジャーはリース期間が数年前に終了していたので今回ニューマシンの導入となりました。

 

 

 

 

今まではTOPCONのエッジャーを使用していましたが当店で大人気のOAKLEYのサングラスなどのハイカーブレンズは

加工が出来ないのでどうしてもメーカーでの制作でした!

 

そこで今回導入したのはニデックのマシーンです。

ニデックには当店のお客様もお勤めされていますし現在店長が在学している眼鏡専門学校の同級生もニデック勤務でとても身近に

感じる会社です。

 

 

ニデックのMe1200とICE1200ですMe1200は発売されてすでに数年が経っていますので初期トラブルやプログラムなど

マイナーチェンジが進んでほぼ完成形のマシンと言えるでしょう。車に例えるなら最終系でしょうね。

 

今までのマシーンとの一番の違いはOAKLEYのサングラス度付き加工に必要な段落ち加工が可能なことですが

その他にも色々な加工が可能で使いこなすにはかなりの時間が必要かとも!

宝の持ち腐れに成らないように日々精進を積みましょうかね!

分厚い説明書は読んでも難しいので練習用のレンズを沢山用意しましたので色々試して経験を重ねます!

先ずは通常加工ですが、これに関しては数回の試し摺りで本番です!今日が初日ですが何の問題もなく加工完了です。

完璧な出来上がりでした。

 

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 15:43 | - | - | pookmark |
オリジナル偏光サングラス!

今まで思っていたのですが、既製の本当に使いやすい偏光サングラスが少ないのです!

高カーブ系でしたら当店にはOAKLEYを頂点にかなりの本数が取り揃えて在庫していますが

普通の高機能な偏光サングラスが中々少ないので制作してしまいましたよ!

 

今回製作した偏光サングラスは3本ですべて同じモデルのレンズ違いで作りました!

特に偏光サングラスは水辺での使用が多くなりますのでフレーム素材はチタンで決まりです!

それもチタンフレームを作らしたらピカ一のRIDOLのフレームを採用して偏光レンズと組み合わせました。

 

レンズも偏光レンズでは店長のフィールでテストに合格したCOMBEXとHOYAの2社のレンズを採用しました!

 

 

フレームはすべて統一のRIDOL 145です!

 

上から 

 

フレーム   RIDOL 145  カラー 04

レンズ    HOYA POLATECH  HL16PNG

 

中段

 

フレーム   RIDOL 145    カラー  01

レンズ    COMBEX POLAWING  SPX03

 

下段     

 

フレーム   RIDOL 145   カラー   03

レンズ    COMBEX POLAWING SPX35

 

価格はすべて税込30,240円

これはかなりお得だと思います!製作はすべて店長の手です!

 

アユの解禁ももう間近に迫ってきました!

お早めに!

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 19:31 | - | - | pookmark |
偏光テストレンズ。

HOYAレンズから発売されている偏光レンズポラテック!当店でも大人気の偏光レンズです。

今までの偏光レンズは挟み込み方式で「レンズ+偏光膜+レンズ」を接着剤で固定していました。

レンズの厚さと偏光膜の劣化がデメリットで単焦点レンズでしたらまだしも遠近両用レンズになりますと

挟み込み方式では見え方に限界がありましたがHOYAのポラテック偏光レンズは挟み込み方式ではなくて

コーティング方式ですので単焦点及び特に遠近両用レンズはHOYAの最高のレンズ設計の上に

コートで偏光膜を作りますので見え方に妥協がありません。

 

現に店長も遠近両用レンズで使用中です!見え方にも普段の遠近両用レンズと全く同じで

ストレスなしにクリアな乱反射のない視界を楽しんでいます。

魚釣りでも偏光レンズ特有の色抜けがありませので自然な視界を確保できます。

 

店長愛用サングラス

フレーム OAKLEY CROSSLINK SWEEP

レンズ  HOYA POLATECH 遠近両用 Wellna1.6

カラー  LIGHT GREY POLA

 

 

今回ポラテックのほとんどの偏光カラーサンプルレンズが揃いましたので

今まで以上偏光レンズを選んでいただく時の指針になると思います。

 

 

店長のおすすめはレンズカラーが薄くても偏光率99%のレンズがおすすめです!

魚釣りの方は出来れば2〜3種類のレンズを持たれるのがベストかな!

まづめの時間帯と日中、さらに天候や釣りの環境に合わせて掛けかえる事が楽しい釣りに繋がります!

是非店頭で体感してください!ドライブにも最適です!特に雪道には欠かせません!

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 16:21 | - | - | pookmark |
OAKLEY純正レンズ以外でもOK

OAKLEYのRXラボ(度付き製作工場)が東京にあったときは少々の融通が利いたのですが、ラボがロスに編入されてからは!

納期とかその他にも、もろもろの問題が!特にオーダーシートに載ってないイレギュラーの度付き依頼はほとんど無理な状態!

今回も以前OAKLEYの純正レンズで度付きで製作されたTNさんですが、度数の変動によりレンズ交換なのですが

以前だったら受けてもらえたのが現状では無理な状態です!

しかしご心配いりません!最近はHOYAをはじめとして数社が度付き対応で製作していただけます!

もちろん高カーブレンズの度数補正やプリズム処理もしっかりと出来て納期も早いです!

 

今回はIC JAPANのNXTレンズを採用してのレンズ交換です!

OAKLEYの純正レンズとの違いはズバリ言って価格です!OAKLEYのほ方がリーズナブルなのです!

しかしNXTのほうが色収差が少ないのです!OAKLEYはショットガンまで耐えられますがNXTはマグナムまで!!!

プリズム補正はOAKLEYに分がありますがNXTの場合は度数補正のほかにプリズム補正は店長が独自に計算してオーダーします!

それぞれ一長一短がありますので、是非店頭にてご相談ください!

ここ数年、高カーブレンズの選択肢が急激に増えてきていますので、ご自分の目的に合ったレンズを選んでいただけると思います!

 

今回のレンズ交換はOAKLEYの最高峰サングラスPTT BOSSです。それもファーストモデル!

 

 

ファーストモデルはOAKLEYアイコンがファセットアイコンでエリートモデルです。

セカンドからは従来のアイコンです!

店長はファーストが好きですね!

 

 

 

 

PIT BOSS

レンズ NXT 8C CLEAR

 

 

 

| Opt-Hori | 19:38 | - | - | pookmark |
NXT

RADARなどのシールドレンズはOAKLEY専用度付きプログラムですと

画像のようにシールドをくり貫いての度付きレンズを装着するパターンです!

 

 

OAKLEY RXのヘビーユーザーのSZさんですが、この方法のOAKLEY度付きを数本使用中ですが

今回は社外のNXTレンズを使用してのフルヴィジョンでの制作です。

IC JAPANの専用プログラムでの制作ですが通常は8カーブなのですがこのプログラムは80mm系で6カーブの

レンズを使用して制作します!

強度の方や瞳孔間距離が狭い方などは制作できませんが条件が合えば可能です。

シールドをくり貫く方法とは違いますのでヴィジュアル的には良いかもしれませんが2枚のレンズを使用しますので

中央は隙間が少し空きますが気にはなりません!

シールドくり貫き方法の度付きレンズプログラムを敬遠されている方にはぜひお試しください!

 

 

RADAR LOCK

 

フレーム    POLISHED BLACK 松山秀樹限定カラーモデル

 

レンズ   NXT  CLEAR

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 18:52 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Sponsored Links

Profile

明日の釣に役立てよう!

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode