Page: 1/157   >>
OAKLEY FACTORY PILOT 2.0

 

7月8月9月と全国からOAKLEYの度付き取扱店のトップ20が招集されて行われてきた特別認定研修が昨日で終了!

プロのトレナーを招いて皇居のウオーキング研修など楽しいプログラムなどでOAKLEYに対する知識などを深めました!

 

昨日の最終日はテストですが、1時間でOAKLEYに関する50問の出題で超難関です!

筆記問題が多く出題されていて、鉛筆と消しゴムが大活躍でした。

何十年ぶりかに真剣にテストを受けましたが、時間配分が下手で答えを見直す余裕など全くなく一時間が終了!

まあ店長としては出来た方かな?

 

 

 

テストが終わった後はサプライズで全員が徒歩にて東京ドームへ!

 

 

店長は東京ドームは確か初めてです!さらにパリーグの公式戦も初めて観戦です!ウキウキです!

OAKLEYは日本ハムファイターズと関係が深く良好ですので、本日は日ハム楽天戦の観戦です。

 

 

 

早く球場入りをしましたので練習などを見ながらビュッフェスタイルで食事をしながらの観戦です。

最近のプロ野球の試合前のファンサービスも色々で楽しいですね!

この日はたまたま日ハムの田中賢介選手の引退ドーム最終戦で入場ゲートでTシャツをプレゼントされて

それを着ての応援でした!

 

太田選手のホームランも見れたし楽天のオコエ選手、さらには安楽投手と甲子園を沸かせた選手を見ることが出来ました!

試合は最後まで見たかったのですが翌日の仕事がありますので試合中の8回途中に東京駅へ!

9時台の新幹線で帰路に、名古屋到着後最終の近鉄特急で久居到着は日をまたいで零時10分!

でも久しぶりに観戦したプロ野球は面白かったですね!また行きたいです。

リニア新幹線になったら試合最後まで観戦できるかもですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 17:47 | - | - | pookmark |
衝撃に耐えたOAKLEY

いつも遠方の関西からOAKLEYの度付きサングラスを作りに来ていただいているMさんです!

今までは電車で久居までこられて帰りは自転車のパターンでしたが今回は珍しく車でご来店いただきました!

 

実は昨年お作り頂いたOAKLEYのライフ系のサングラスを装用中に自転車で落車!!!!!

なななんと顔面からアスファルトに激突されて本人は顔面を強打され、さらに歯と顎を損傷で救急車ものでしたと!

しかし眼は大丈夫でした!

 

このOAKLEY画像が損傷の激しさを物語っています!

 

 

しかし、顔面から地面に突っ込んでサングラスもかなり激しくキズが着いてはいますが!

何とフレームからレンズが脱落することもなくレンズも割れていないのです!!!

これがOAKLEYの純正のフレームとレンズの最大の特徴です。

想像してください

 1 衝撃でフレームからレンズが脱落していれば

 2 衝撃でレンズが破損していれば

 3 衝撃でフレームが破損していれば

考えただけでもぞっとしますよね!

 

サングラスはまた作れば良いですが万が一眼に損傷を追えば治療も長引くでしょうし最悪の事態も考えられます!

OAKLEYのサングラスは有害な紫外線や可視光線から眼を守って、さらに外的衝撃からも保護してくれます。

 

この頑丈さを再認識されて同じモデルで純正度付き仕様でオーダー頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 19:16 | - | - | pookmark |
FAST JACKET 再生!

2011年に発売開始のOAKLEY FAST JACKETですが販売当初は反響がすごかった記憶があります。

何といってもスイッチロックシステムには衝撃を覚えました。

ワンタッチでスイッチを解除すればレンズ交換が簡単にさらに安全に行えるのです。

この機構は形は違えど現在のOAKLEYモデルにも多く採用されている画期的なシステムです。

ご愛用者の方も多く度付きの方は複数のレンズを製作されてレンズを交換して楽しまれています。

 

しかしこのモデルも完全にアフターサービスが終了していますので純正レンズの供給がありません。

当店でも度付きを中心に数多く販売させていただきましたので他社のレンズを使いまして再生させて頂いております。

ソックなどのパーツ類も在庫していますがこのモデルの在庫は少なくなっております。

 

今回はレンズ交換とソックとパットの交換修理です。

OAKLEY純正の調光レンズをお使いでしたので今回も調光レンズをチョイス!

OAKLEY 純正レンズと遜色のないHOYAのRFスポーツサンテックで制作です。

他のOAKLEYのモデル形状は当店のマシンで加工出来ますが、FAST JACKETはレンズ径と構造の関係で

自店加工が出来ませんのでHOYAの松島工場でのマウント作業になりました。

 

 

フレーム OAKLEY FAST JACKET

レンズ  HOYA  RF1.6 サンテック

 

 

 

 

| Opt-Hori | 13:28 | - | - | pookmark |
PIT BULL 再生!

2011年からの発売開始以来大変人気モデルのPIT BULLですが数年前に発売終了でさらに修理対応も完全終了です!

当店でもかなりの販売数ですのでこれからレンズの交換などが多くなると思われます。

そこで問題となるのがレンズ性能です!

元々OAKLEYのHDO工学で制作されたレンズですので収差など無く快適なレンズなのです。

 

そこでレンズ交換をする場合、高カーブレンズですしフレームアングルがあるために普通の高カーブレンズを

装着しますとレンズ収差などが起こり快適に装用できません!

純正のレンズが調達が出来ないモデルですのでOAKLEYと同じ性能を備えたレンズが必要になります。

今回のレンズ交換修理ですが偏光レンズでプリズム補正を施したレンズを使用しましてOAKLEYと

遜色無い状態に仕上げました!

 

下のレンズがOAKLEYの元々のレンズで他社のレンズで仕上げたPITBULL

高カーブレンズですので通常加工とは異なる特殊なレンズカット加工を施してあります。

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 12:15 | - | - | pookmark |
ご家族で!

今月ご家族でハワイ旅行に出かけるためにサングラスを新調して頂きました!

参加ツアーメンバー全員でサングラスを掛けて記念撮影に挑むためにご家族でご注文を頂きました。

お母様はカムロのサングラスで息子さんはOAKLEYのHOOLBLOCKをチョイス!

お父様は度付きのOAKLEYで制作です。

以前からOAKLEYを度付きでご使用して頂いていますが今回はFLAK JACKETからの

FLAK2.0で制作!

組み合わせも店長一押しのフレームはカモフラージュカラーでレンズはプリズムジェイドポラ!

爬虫類感が半端なくいいですよね!この組み合わせ大好きです!実は店長もこの組み合わせで使ってます!

 

 

 

 

FLAK2.0

 

  フレームカラー  MATTE BLACK CAMO

  レンズ      OTD SV

  レンズカラー   JADE IRIDIUM POLARIZED

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 17:33 | - | - | pookmark |
お仕事専用です!

カーブしている眼鏡の方が私には向いてますと!

サングラスに続いて普段仕事に使う眼鏡もOAKLEYの高カーブレンズ採用のモデルで制作いただきました。

遠視眼で遠近両用でサングラスをOAKLEYで作られて、その見え方に感激されて普段の仕事用もOAKLEYで!

快適な視界と広く感じる視野に今回は調光レンズをチョイスしまして屋内でも屋外でも快適に使用できる用に仕上げました。

 

 

FLAK BETA

 

  フレームカラー  MATTE BLACK

  レンズ                 OTD PAL

  レンズカラー        CLEAR GREY

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 17:13 | - | - | pookmark |
初めてのメガネです!

高校生で今まで眼鏡を掛けずに過ごされていましたが、今回初めてのメガネを製作させていただきました。

部活で野球をされていますので安全性と丈夫さでOAKLEYの純正度付きレンズをお選びいただきました。

始めて掛ける眼鏡としては少し度数がありますが眼科の処方箋をお持ちでしたので再度追加で

両眼視検査などを行いまして制作しました。

当然OAKLEYの高カーブレンズを使用しますのでそれを考慮に入れまして

度数補正とプリズム補正を考慮しまして制作いたしました。

 

 

 

OAKLEY HALF JACKET 2.0

 

フレームカラー    SILVER

レンズ        OTD SV

レンズカラー     CLEAR

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 16:36 | - | - | pookmark |
再度入荷しました!

再度入荷しました!

これが最後です!

 

 

 

 

| Opt-Hori | 16:18 | - | - | pookmark |
こんな事も出来ます!

最近レンズに対するご要望が多岐にわたりますのでOAKLEYのサングラスを使って他メーカーのレンズを移植!

今回は手始めに店長のFLAK2.0にZEISSのエキストラ調光のドライブセーフレンズを移植しました。

FLAK2.0はレンズカーブも高カーブでフレームアングルも大きいのでオーダーは

インディヴィジュアルレンズをチョイスで当然の遠近両用です!!

 

 

FLAK2.0をはじめOAKLEYのサングラスは特殊加工を必要としますので今までのマシーンでは

到底加工が出来なかったのですが、現在当店に導入しましたマシーンは何と特殊加工が可能なのです!

 

先ずは下の画像のオートブロッカーでレンズ形状などのデーターをすべて入力します!

この作業が特殊加工の肝になります、ここで細部にわたってデーターの補正をして加工機にデータを送ります!
次にオートブロッカーでレンズに正確にチャッキング作業をします!

 

 

 

オートブロッカーでレンズにチャッキングしますとこのような状態になりこれをエッジャーにセットしまして加工開始です!

 

 

このエッジャーで加工しますが数種類のダイヤモンド砥石とドリルを駆使して加工します!

 

 

右レンズから加工しますがサングラスに仮セットをしてそこから最終微調をしまして左レンズに!

 

 

左右のレンズ加工が終了しますと最後の仕上げの加工は店長の手摺でハンドフィニッシュ!

そして組み上げて最終確認を済ませて完成です!

 

今までは高カーブのレンズ加工は外注でしたがこれからは当店で行えますので何なりとお申し付けください。

色々なレンズとフレームの組み合わせも出来ますし高カーブ加工だけではなく他にも色々特殊加工も出来ますので

これから追々ご紹介させていただきます!

 

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 18:25 | - | - | pookmark |
再生できます!その2

大変お気に入りのOAKLEYのフレームを再生して新しいレンズを装着!

もうすでに何年も前に販売及び修理対応が終了したOAKLEYのフレームのAワイヤー!

サングラスのデザインをそのままフレームに落とし込んだモデルで当時大変人気のモデルです!

ノーズパットとイヤーソックを純正部品に交換して復活!!

レンズはOAKLEYの純正はこのモデルはすでにサービスが終了していますので他社のレンズを装着します!

フレームのアングルとレンズカーブを考えて今回はZEISSのドライブレンズをチョイス!

主にバイクの時に使用しますのでフルフェースヘルメットを被ってもこのモデルは快適に使用できます!

 

 

上下のプリズム補正とカーブ指定で制作しました。

これでコーナーを果敢に攻めれますと・・・・!もう年ですから無理は禁物です!

 

 

 

 

 

| Opt-Hori | 18:30 | - | - | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Sponsored Links

Profile

明日の釣に役立てよう!

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode